元ホテリエの私が竹楽亭に宿泊してきた【熊本旅館レポ】

おはようこんにちはこんばんは、リコちゃんです。

今更の更新ですが、年始に熊本県にある旅館『竹楽亭』に宿泊して、オススメポイントがたくさんあったので紹介させてください。

最初らへんは旅行記みたいになっているので旅館の詳細だけ見たい方は、目次を開いて旅館に着いたところまでスキップするか、下記の最安値サイトで詳細をご覧ください。

竹楽亭公式より

期間限定のお得なクーポンと最安値をチェックする>>

1日目

ここ数年、年始は私と両親の3人で旅行をするのが恒例になってて今年は父の提案で熊本県の竹楽亭に決定!

山口県の実家を7時半に出発して、年始なのでまずは鳥栖プレミアムアウトレットへ初売りにいきました。

鳥栖プレミアムアウトレットで初売り


https://www.fashion-press.net/news/54717

初売り+11月にリニューアルしていることもあり渋滞ツイートをかなり見ていたのでちょっとびびって早めに出発。そしたら意外とスムーズに駐車できてオープンの10時ぴったりに到着しました。(ちなみにこの日は4日土曜)

あとから調べてみると、1〜3日は近くで事故が多かったようで渋滞していたみたいです。3人とも構えていただけにちょっと拍子抜け。まあ、普通にめちゃくちゃ多いんですが。

個人的にブランドコスメのショップとかオープンしてたのでかなりテンション上がりました!ショックだったのはちょうど1年前に鳥栖プレで購入したティファールの鍋セットについてる取っ手が壊れたので、取っ手だけ購入しようと思ってたのに売り切れていたこと。

全体的に、初売りから4日経っても初売りモードはありましたが、売れ残り感ありました。

 飲食店はやっぱり激混み

飲食店もめちゃくちゃ混んでるので覚悟しておいたほうがいいですよ!私はその中でも空いていた紅虎餃子房に12時ごろ行ったんですが入店するまでに20分くらい並びました。あとでわかったんですが、ここは電話予約できたみたいです。(食べログに記載してあっただけなので間違ってたらすみません)

竹楽亭は夕食がかなりボリューミーという口コミを見ていたので3人とも餃子をグッとこらえて軽めに済ませました。(これが正しい選択だったとあとで知る)

その後もそれぞれ買い物をして、14時すぎに鳥栖プレを出発して竹楽亭に向かいました。

竹楽亭に到着

高速を走り16時すぎに到着。ちなみに行きしなにセブンがポツンとあったので晩酌用にお酒とおつまみを購入していきました。周辺はお店が無いので、忘れ物があった時はここで調達するといいかも

行きしなの風景が綺麗でした。

旅館の目の前の駐車場に車を止めると、40〜50代くらいの中年の男性が笑顔でお出迎えしてくださいました。駐車場を見た感じ、私たちが最後のチェックインのよう。宿泊中は無料で電気自動車もレンタルできるようで駐車していました。

ロビーに案内していただくと、フロントにこれまた中年の男性2人が。旅館というと女将さんがいらっしゃるイメージなのでちょっと珍しい。みなさんとても感じの良い方々でした。ちなみにこの日は満室とのこと。

チェックインを済ませ、お出迎えしてくださった男性がお部屋まで案内してくださいました。

 竹あかりと鴨

客室は14室で全て客室露天風呂付きの離れになっているためロビーから少し歩くんですが、途中にある池に人馴れした鴨がたくさんいました。

案内してくれた方によると、この近くで譲り受けた鴨がここまで繁殖したとのこと。今は18羽?だそうです。ご飯なにあげてるんですか?と尋ねると”ドッグフードですよ”と(笑)まさかの!みんなまるまるしてて可愛かったです。

思いっきり通路を横断してました。

こんなにいるのに通路はフンなどなく綺麗だったので掃除が行き届いてるようです。バッグに写っている竹の灯も夜は幻想的で綺麗でしたよ。

 客室 みずき

竹楽亭公式より

今回案内していただいたのは和洋室モダンツイン『みずき』です。

ツインでトランドルベッドはないため、夕食時に布団を畳に敷いていただきました。(下の図は同じタイプの『やなぎ』で、『みずき』は創りが逆になっています。)

竹葉亭公式より

畳スペースにある縁側を出るとプライベートの広い庭があってテーブルもあったので、そちらでタバコが吸えるようです。

震災をきっかけに全客室改装しているため、とても綺麗でした。

客室は他にも

・和室
・和室二部屋
・洋室モダンツイン

がありました。

客室詳細を見る>>

 温泉

http://www.chikurakutei.jp/rooms/rooms04.php

着いたらとりあえず温泉。ここの温泉は岩風呂で透明でサラサラしていました。

[種類] 温泉 露天風呂 天然温泉
[泉質] 単純泉 アルカリ単純泉
[効能] 筋肉痛 ストレス 疲労回復

露天風呂にシャワーも併設されており、ここで洗髪まで全て済ませるようです。真冬の山中ということもあり、かなり冷え込んでましたが温泉に浸かれば湯冷めはしませんでした。

脱衣所は椅子が付いてるのでメイクもゆっくりできます。アメニティは、こんな感じです。

竹葉亭公式より

上記の他にカミソリ用フォームや、フェイスパックヘアキャップ結構しっかり目な泡だてネット?ボディネット?のようなもの洗い流さないトリートメントヘアゴムクリップ、お手洗いにはナプキンもあったのでかなり充実していると思います。

ちなみに浴衣はこんな感じです。色浴衣とかはなく男性女性ともデザインは一緒でした。

お茶菓子は、あんこのけっこう甘いやつでした。(写真撮り忘れてた)そのほかにも、緑茶のパックドリップコーヒーのパックがありました。

 夕食

夕食は2部生のようで18時と18時半から選べるので、18時半からにしました。

お食事処に着くと、中居さんに個室のテーブル席へ案内されました。テーブル席は一室のみでこの日は車椅子の方やご年配の方がいらっしゃらなかったのと、お子様連れがほとんどだったためこちらになりました。座敷が苦手な場合はあらかじめ予約しておくことをオススメします!

ちなみにエアコンのみで、テレビや、BGMも流れてなかったのでユーチューブで音楽を小さく流してました。子供がいたらテレビとかなくてもいいんでしょうね。

ちなみにこれ流してました▼

今回、予約したのは馬刺しが付いてくるプランです。お正月でしたが、季節によって料理が変わりますが、あとは固定なようでお正月感は特にありませんでした。

まずは瓶ビールで乾杯。アサヒとキリンがありました。

前菜は、いくらや、あわび昆布締め、熊本名産のからしレンコンなどなど。新鮮で美味しかった。

馬刺しはかなりの量がありました。こちらも美味。生姜とお醤油でさっぱりいただけます。

お吸い物は魚のすり身が入ってます。結構好みな味付けでした。

ここからは、九州名産のいも焼酎”赤兎馬”をボトルで注文。水割りセットを用意していただきました。お酒は旅館にしては良心的な価格です。

お次はヤマメの塩焼き。皮はパリパリで身がふわふわ、塩気がちょうどよくお酒が進みます。個人的に川魚ってあまり食べる機会が無いのでこれはテンション上がりました。

まだまだ続きます。この辺りでお腹のキャパに不安が。

続いて出てきたのが柔らかく煮たかぶに和風のあんがかかった一品。大ぶりの銀杏やエビなども添えられています。かなり優しめの味付けでした。かなり柔らかくとろとろなのでスプーンでいただきます。

お次はThe創作料理って感じの林檎のグラタン。中に伊勢海老がゴロゴロ入ってます。林檎の風味がほんのりして意外といけます。林檎をくり抜いているので、中居さんがいない時に”中身がデザートで出てきたりして〜”といって盛り上がりました。

ここでやっとメインが登場。”このあとご飯と赤だしと香の物が出ますが、お肉と一緒に召し上がりますか?”とのことだったので一緒にいただきました。ご飯は天然地下水で炊いているそうです。お米も粒が小さめで甘みがあって美味しかったです。

メインの肥後牛はかなり脂がのっていて美味しかったんですが、お腹がはち切れそうでした。でも美味しかったので食べきりました。

そして最後のデザート、まさかの林檎。林檎の寒天でした。笑いをこらえるのに必死でした。お腹がキャパオーバーしてたのでさっぱりしたもので締められてよかったです。

料理は、かなり多いので小食な方はお昼ごはんの量と時間は、本当に気をつけてください。お食事プランは何種類かあったので自分に合いそうなものを見つけてください。

宿泊プランを見る>>

部屋に戻ったら、浴衣にお肉の匂いかなり付いてたので備え付けのファブリーズ振りまくって3人で倒れてました。(笑)セブンで買ったお酒飲む余裕がなかったです。

個人的に、部屋食が好きなんですが匂いが部屋に残らないことを考えたら、お食事処もありだなあと思いました。

そのあと23時くらいに父だけ家族風呂に行って、私と母は交代で客室の露天風呂に入り、おとなしく就寝。

2日目

 朝風呂

旅行のときって普段はいらない朝風呂に入りたくなる不思議。写真は6時半くらいの様子です。鳥がちゅんちゅん鳴いてて清々しかったです。

 朝食

朝食も2部制で8時と8時半どちらにするか夕食時に聞かれたんですが、私が8時半と即答。夕食のものが若干残っている感あったので8時半で正解でした。食事処に着くと、昨日と中居さんに昨日と同じテーブル個室に案内していただきます。

メニューは湯豆腐焼き鮭明太子納豆出汁巻香の物サラダ味噌汁ヨーグルトなどなどオーソドックスな感じ。

窓際は池が見えるんですが、鴨が泳いでました。美味しそうな鴨でした。(え)

ご飯は1人づつ釜で出てきます。やっぱりご飯が美味しい。中居さんが、夕食も朝食もご飯お代わりありますからねと行ってくださったんですが、ボリューム的に諦めました。美味しかっただけにちょっと心残り。

 猫に遭遇

お食事処を後にすると、猫ちゃんがいました。

清掃員の方にすんごい懐いてて清掃員の方めちゃくちゃ笑顔でした。かわいい。

 チェックアウト

その後も温泉に入ったり、正月番組を見てたら10時半になってたのでチェックアウトしにロビーへ。ちなみにチャックアウトは11時までです。

フロントの方に、この後どこに行くのかか尋ねられたのでオススメを色々教えていただきました。この辺りは個人でされてるお店が多いため、三が日は開いてないところがほとんどなんだとか。最後は記念に旅館の前で写真を撮っていただきました。

お見送りしてもらい、以前テレビで紹介されていたホリデーパークへ行きましたが、お子様向けぽかったのとお腹がすいてなかったので、市内に新しくできたサクラマチクマモトという商業施設へ。

 サクラマチ クマモト

ここは149店のテナントが入った大型商業施設で、映画館バスターミナル免税店多目的ホールなども併設してました。

今どきの創りでオシャレでしたが、個人的に見たいお店がなかったので私はここから少し歩いたところにある、鶴屋百貨店やパルコが好きでした。

別行動してたので時間つぶしにスタバへ。新年初スタバ。

その後合流して(親も何も買ってなかった)、私を家に送るため博多方面へ行き結局みんな阪急で買い物して解散しました。

仕事辞めたの言ってないから、明日仕事はじめだよっていうのつらかったなあ。

さいごに

冒頭でもお伝えしたんですが、竹楽亭のことを紹介しようと思っていたのに完全な旅行記になってしまいました。(笑)

竹楽亭のスタッフの皆さんはすごく穏やかな方々で、元ホテリエの私も気持ちよく滞在することができました。旅館ならではのあたたかさを感じることができたので、お仕事で疲れた時や、ちょっと贅沢したい時、竹楽亭に訪れてみてはいかがでしょうか。

期間限定のお得なクーポンや最安値料金はこちらからチェック▼

ちゃおっ

コメント

タイトルとURLをコピーしました